スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

独楽出張につき

ひとりごはんは 必殺!余り物パスタ。 あさりと筍、アスパラ入り。 んまんま( ☆∀☆) ちなみに独楽はこの日は東京出張でした。 お台場でガンダムみたらしたですが 相変わらず何の仕事してるか、よくわかりません…。
cinecore * - * 23:35 * comments(0) * trackbacks(0)

パフューム

見てから迷ったけど
レビュー書きます。


パフューム スタンダード・エディション
パフューム スタンダード・エディション


賛否両論。
がっかりしちゃう人もいるだろうし、
中には気味悪がる人もいると思う。

私は良くできてるなあと、感心しました。
主人公を作り上げる最初の部分が、とても軽く、見ていて疲れないように、
淡々と映像に仕上げておいて
クライマックスで濃厚に仕上げておいて、結局淡々と終わっていく。
言ってしまえば、奇行を繰り返す主人公に
最後は共感すら覚えてしまうから、それも凄い。

私は☆4つ。
ダスティンホフマンはチョイ役でも旨い。

☆☆☆☆
cinecore * ニヤリな作品 * 21:33 * comments(0) * trackbacks(0)

『恋愛睡眠のすすめ』

恋愛している時って、夢にまで影響がでちゃったりするじゃないですか。
ここまで出ると、重症だけど笑。

でもそんな妄想もミッシェルゴンドリーの手にかかれば
こんなにステキなものになるなんて!
あ、映像と発想が、ですよ。
念の為。

恋愛睡眠のすすめ スペシャル・エディション
恋愛睡眠のすすめ スペシャル・エディション

シャルロット・ゲンズブールとガエル・ガエルシア・ベルナルが
とってもキュート!
最後はちょっとほろ苦い。
昔、どこかで読んだ話で、
「女々しい」って言葉は男の人のためにあるって話を見ました。
最後のガエルくんは、とても女々しかったです。

☆☆☆☆☆
cinecore * ニヤリな作品 * 23:53 * comments(0) * trackbacks(0)

『バベル』

もともとバベルの塔は、旧約聖書の創世記11章で出てきます。
人間は天へと到達するために塔を建てようと試みた。
それは神の栄光を称えるためではなく、神のレベルに達することで自分たち自身を称えようという試みであった。
人間の傲慢な態度に怒った神は、違った言語を創り出すことで、
それまで統一されていた言語によって円滑に進められていたコミュニケーションに混乱を生じさせ、人間の計画を頓挫させるのである。

バベル スタンダードエディション
バベル スタンダードエディション

この作品の根底にあるテーマは、
人と人との繋がりだと思う。
一人の主人公に感情移入すると、かわいそうだなあとか、酷いなあと思うことも
別の登場人物の立場から見ると、そうでもないことだってある。

人の痛みや苦しみは、その本人にしかわからない。
もちろんそれは嬉しさや喜びも同様。
だから、ぶつかり合うし、傷つけあう。
『クラッシュ』という映画はそれを上手に1つの明確な線をひいて、繋がりをあらわしていたけれど
この作品は、そんな線引きでは収まらない、人と人との繋がりを
とても上手に表現していると思いました。

星は4つ。ちょっと長かったので。


☆☆☆☆
cinecore * ボチボチな作品 * 23:38 * comments(0) * trackbacks(0)

『夜の上海』

上海へ旅行に行く当日に公開になった映画。
帰りの機内で、偶然にもやっていて
大体観て帰って来たのですが
帰ってきてから、もう一回観に行ってきました。

TRAVEL WITH MUSIC~映画「夜の上海」サウンドトラック
TRAVEL WITH MUSIC~映画「夜の上海」サウンドトラック
ジョン・マーク・ペインター,フレイリー・ハインズ,サム・アッシュワース,フレミング・マックウィリアムス,サム・アクワース,Dakota Star feat.nangi,ロン・セクスミス,ボディ・ハフ,デビッド・デビッドソン,マーティン・テレフェ,ガイ・ベリーマン


上海に行きたての私にとっては
話の内容云々より、自分が通った景色や、触れたものが
映画の中に出てきて、ちょっと感動していました。
夜景も綺麗で、すてき。

話の内容は、うん、普通かなぁ。
主人公の女の子がめちゃんこかわいい。
性格もめちゃくちゃだけど笑。


☆☆☆
cinecore * イイネエな作品 * 23:45 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ