スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

『SHINOBI』

SHINOBI
SHINOBI
仲間由紀恵

仲間由紀恵さんとオダギリジョー君が主演の
対立する二つの勢力と知らずに惹かれあう二人をめぐった忍者アクション。

なんだか展開が雑だった気がするなあ。
「え?!」的なことが多かった。
恋愛か、忍者アクションか、どちらかをしっかりすればよかったのに
欲張っちゃいましたか。


☆☆
cinecore * ガッテムな作品 * 18:34 * comments(0) * trackbacks(0)

『ステップフォードワイフ』

『カンフーハッスル』を見たときに予告編をやっていて
ニコールキッドマンって綺麗だなあと思いつつ
あれ?!これってミステリーなお話なの?なんて
ちょっと期待してみてしまったので
やられてしまいました。

とっても惜しいです。
いろんなおもしろい要素がちりばめられているだけに
それが収集できずこうなってしまったかあというかんじで
とても残念

本当途中まではおもしろかったのに・・・




☆☆
cinecore * ガッテムな作品 * 00:39 * comments(0) * trackbacks(0)

『キングアーサー』



今年のシネコンお盆映画は不作だと思う。
『スパイダーマン2』ぐらいじゃなかろうか!

そんななかひっそりと公開されていた『キングアーサー』に
映画部の4人で行って参りました。

まず、アーサー王の伝説は
本国イギリスではとても有名なお話で
その基礎の話が分かっていないと
「?」で終わってしまう可能性が大のためここでおさらい。



☆イングランドの王ウーゼル・ペンドラゴン(ユーサー)と
 イグレイン(イグレーヌ)の間にアーサー誕生。
 しかし、生後間もなくアーサーを引き取ったマーリンによ
 ってエクターに預けられ、その実子ケイと共に養育される。
 〈ちなみに、マーリンは、人間とインキュバス(夢魔)から
 生まれた子供で、予知能力を持ち、
 「赤い竜(ブリトン人)と白い竜(サクソン人)との戦いは、
  コーンウオールの猪(アーサー王)が現れて
  白い竜を踏みつぶすまで終わらない」と予言した人物である。〉
 父ウーゼルの死後、正統な王の証である剣を鉄床(かなとこ)から
 引き抜いたという有名なエピソードにより、
 15才で王となりキャメロットに居城を置く☆

 そのアーサーと、徴収された伝説の騎士のお話。

・・・と、いう、桃太郎で言うのであれば
桃太郎が鬼ヶ島に行くことを決意し、犬と猿とキジを
仲間に入れ、“いざゆかん”的なところから
映画は始まるので。

しかもややこしいのが、最初に出てくるのは
アーサーではなく、ランスロットなんです。
これまた桃太郎で言うと、桃太郎じゃなくて
猿が出て来ちゃうんです。(余計にややこしいか)

この映画の背景にある、伝説のお話を
予習して行かれることをおすすめいたす!
私もこの豆知識を頭に入れ
再度ビデオで挑戦しようとたくらんでいます。

でも、ビデオでいっか笑。
キーラナイトリーは別にコメントなしです。


☆☆
(私の勉強不足のためもあり)
cinecore * ガッテムな作品 * 01:37 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ